daylight kitchen

daylight kitchen
予約受付中 »

MENU ▼

社員食堂受託運営

代表メッセージ

塚本サイコ

2015年6月、日本で、いえ、世界中を見回してもはじめての試みであろう、 100%オーガニックを目指す社員食堂が誕生しました。これまでの常識を大きく超える お食事提供を実現する「世界一の社員食堂プロジェクト」の取り組み、私たちにその チャンスをくださったのが今回ご紹介するスマートニュース株式会社様であり、 その社員食堂名が社内公募で決まった「SmartKitchen」です。

食材・素材がオーガニックであることに加え、加工品を一切使用せず一からの調理、 冷凍食材も全く使用しておりません。基本の自然塩、味噌や醤油はもちろんのこと、 その他の調味料もオーガニック、自然由来、古式製法にこだわり、揚げ油や乳製品の 使用にあたってトランス脂肪酸フリー、GMO(遺伝子組み換え)フリーも徹底しており ます。

早くも6月の運営開始直後から、SmartKitchenの現場でいただくスマートニュース社員の方々からの嬉しいご感想や声、お食事中の笑顔や 食卓を囲んでの会話などから、良質な食事による良い影響が現れはじめていることを実感しています。

「不可能」ではありません。

すべての土台である「食事」に取り組むことをなによりも優先する、その「意志」だけで、明日から、全てが大きく変わります。 社員食堂をはじめ、学校給食、学生食堂、病院食・・・日々繰り返される日常の食事の中で、オーガニックが広がっていくことを心から願い ます。そして私は、オーガニック野菜を育てる全国の農家様、サプライヤーパートナー様、自然食品卸業者様、自然食品メーカー様との連携 を強みに、オーガニックパブリックフードの普及を先導していきます。

塚本サイコ(2015年9月)

社員食堂受託事例

世界一の社員食堂プロジェクト

project_name

社員の利用率9割超え
社員の笑顔がこのプロジェクトの成功を証明

SmartKitchenイメージ

世界中の良質な情報を、必要な人に届ける SmartNewsロゴ

スマートニュース株式会社は世界中の良質な情報を必要な人に送り届けることをミッションとした、スマートフォンアプリケーション、インターネットサービスのリーディングカンパニーです。
そんな同社がこのたび、”世界一の社員食堂”を掲げ、デイライトキッチン塚本サイコとともに、最高においしく、健康的な食事を提供する社員食堂を導入。その経緯と活用効果について代表取締役 鈴木健氏にお話を伺いました。

SmartKitchenイメージ

スマートニュースのオフィス移転にあたり、かねてより念願であった社員食堂の導入を検討しはじめました。せっかくやるならば、世界一の社食を作ろうと、高い基準を設けてパートナーの選定を行いました。スマートニュースの社員はアスリートのような気持ちで、日々、高いレベルの仕事に取り組んでいます。最高のパフォーマンスを出すためには、体づくりの基礎となる健康的な食事を提供しなくてはいけません。また、ランチタイムは、根を詰めた仕事の合間の喜びですから、最高に美味しい食事を振舞いたいのです。

SmartKitchenイメージ

「普通に満足できるまあまあのレベルならやる必要なし」という強い意志をもちながら、さまざまなパートナー候補との試食会を行いましたが、本当の意味で突き抜けた候補はなかなか現れませんでした。そうした中、普段からファンとして通っていた daylight kitchenさんにダメ元で飛び込み、お願いしたところ、店主のサイコさんと瞬時に意気投合したのです。15名ほどの社員が参加した試食会も素晴らしく、素材の美味しさを活かした最高のオリジナルメニューを用意してくださり(個人的にはニンジンが感動的でした)、社員による投票で圧倒的な支持を得て、パートナーに選定させていただきました。

SmartKitchenイメージ

お互い社食を運営するのは初めての経験でしたので、SmartKitchenのオープン準備はそれなりに大変でした。苦労を乗り越えオープンすると、店主のサイコさん、チーフの駒井さんをはじめとするメンバーの強い情熱により、そもそも高いレベルの料理が、日々工夫を重ね、進化していくのを目の当たりにすることになります。社員の利用率も9割を超え、ランチタイムの笑顔が何よりこのプロジェクトの成功を証明しています。休暇中だけれどもランチは食べに来たいと言う社員もいたほどです。気持ちのこもった素晴らしい仕事ぶりに、本当に頭が下がる思いで感謝しています。

SmartKitchenイメージ

生産者さんや素材を大事にしながら、良質な食文化を提供しようとされているdaylight kitchenさんの取り組みが、日本中、世界中に広がり、スマートニュースだけでなく、多くの企業の方々の目に留まり、豊かな食文化が広がっていくことを願っています。daylight kitchenさんの価値をしっかりと理解していただける、志のある企業には、絶対におすすめしたいと思います。


今後の未来に向けて

良質な食文化を未来へ伝えていくための活動を今後もdaylight kitchinさんと展開していきます。

未来に向けて1
みんなで料理
シェフと社員が一緒にキッチンに立ってみんなの出身地の郷土料理を!
未来に向けて2
みんなで体験
農家さんのところへ農園体験しにいき、みんなで野菜を育てよう!
未来に向けて3
みんなで学ぶ
味噌や梅干し作る、だし汁取りなどを一緒に学ぼう!

スタッフ紹介

私たち、スマートニュースカフェテリアメンバーが、目利きとしてチョイスする「食材」をプロとして調理し、 そのチカラを最大限に引き出し、エンジニアをはじめ社員の方々の日々のパフォーマンスに貢献しています。

スタッフ

チーフ

駒井 勇樹

Yuuki Komai

スタッフ

献立開発

中村 友美

Tomomi Nakamura

スタッフ

栄養管理士

熊田 有希

Yuki Kumada

スタッフ

調理

渡辺 由佳

yuka Watanabe


受託運営の流れ

1. お問い合わせ
ご相談だけでも結構です。まずはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはコチラ >>
2. 視察/ご要望、課題等のヒアリング
担当がお伺いし、運営方針・ご要望・課題をヒアリングし、現場の環境確認をさせていただいてから提案につなげます。
3. 運営計画/試食会のご提案
ご相談、調査の実績を基に、最適なご提案を行います。 試食会を企画し、献立のご要望にお応えしながら、 ご満足いただけるプランを練り直します。
4. 契約
打ち合わせを重ねた上で、弊社とご契約いただきます。 ご契約後は担当スタッフとともに、バックアップ体制を整え、 運営開始まで迅速に責任をもって対応させていただきます。

お問い合わせ

お電話はこちらから
03-5728-4528
フォームはこちらから
gotoTopPAGE TOP